メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

個人の尊厳、命守る教育を 天王寺で府民夏季セミナー /大阪

 大阪の教育や文化振興について考える「第7回府民夏季セミナー~子どもたちの未来に夢と希望を!」(府教職員互助組合・毎日新聞社主催、府教委後援)が2日、大阪市天王寺区の府教育会館で開かれた。元文部科学事務次官の前川喜平・現代教育行政研究会代表が「個人の尊厳から出発する教育論」と題して講演した。さらに、生まれつき手足がない障害がありながら劇団でも活動する向井望(のぞみ)さん▽京都市立中学で初の外国籍教員となった孫美幸(そんみへん)・文教大准教授▽府教委職員として障害のある子を高校に受け入れる制度づくりに携わった和田良彦・大阪教育大副学長―を交えたシンポジウムでは、高尾具成(ともなり)・毎日新聞専門記者をコーディネーターに多様性や共生社会について議論を深めた。【山本直、麻生幸次郎】

この記事は有料記事です。

残り2756文字(全文3098文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスクで失格の40代受験生、トイレにこもり警察出動 注意されせき込む仕草も

  2. 一転して医療崩壊の危機 集団免疫獲得とも取り上げられた都市で「第2波」

  3. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  4. 「午後8時には閉めない」反旗を翻した外食チェーンの本気

  5. 声なき声を捕捉せよ コロナと連動する菅内閣支持率

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです