メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

児童がコロナ対策質問 子ども議会、町長答弁 九度山 /和歌山

子ども議会に出席した小中学生ら=九度山町議会で、藤原弘撮影

 九度山町の小中学生による子ども議会が29日、町議会議場で開かれ、6年生の児童と3年生の生徒計10人が参加した。まちづくりや観光、防災、新型コロナウイルス感染症対策などを巡り、岡本章町長に質問した。

 今年で14回目。毎年夏休みに開催していたが、新型コロナウイルスの影響で夏休みが短縮されたため、夏休み終了後の土曜日に開催した。

 九度山小の古川咲樹さんは町内の観光施設での新型コロナ対策について質問。河根中の正木太遥さんは学校近くを通る京大坂道沿いの建物活用などを、九度山中の森脇楓華さんは新型コロナでオンライン授業が取り入れられたことに触れ、タブレット端末の各校への早期支給をそれぞれ提案した。岡本町長は一人一人の質問に対し、町の取り組みも交えながら答えていた。

この記事は有料記事です。

残り80文字(全文411文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 強まる大阪府の要求に反発 コロナ患者の引き受けが難しい民間病院の事情

  2. 死者増さらに加速か 4000人から5000人まで14日間 高齢者で死亡率高く

  3. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

  4. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  5. ビニール袋に包まれた母 触れることさえできない別れ 心の中で「ごめんね」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです