メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

山陰・この人

サックス奏者 MALTAさん 故郷から世界へ音楽発信 /鳥取

MALTAさん=米子市内で、柴崎達矢撮影

 倉吉市出身で、世界的に活躍しているジャズサックス奏者。長い間、東京を拠点にしてきたが、昨年12月に米子市に移った。「インターネットなどを通じて音楽と米子、鳥取県、山陰を世界に発信していきたい」と意気込む。

 サックスの魅力は「たくさん楽器がある中で、音色が人によって違うのが面白い。情が出しやすい」。MALTAという名は、子どもの頃から地中海に浮かぶマルタ島が好きで、いずれ名乗ろうと思っていたという。実際に訪ねたこともある。

 小学校時代、グレン・ミラー楽団に憧れてトロンボーンを親に買ってもらった。中学時代にサクソフォンの存在を知り、「(安定した仕事の)学校の先生になるから」と言って買ってもらった。高校時代から東京に通い、私立の音大で開かれていた夏と冬の講習に参加するなどして勉強。東京で浪人し、東京芸大に入学した。

この記事は有料記事です。

残り494文字(全文854文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 北海道でコロナ感染増 「検査が増えたから当たり前」ではない理由

  2. 大阪都構想 反対が賛成上回る 9月上旬の前回調査から賛否逆転 世論調査

  3. 「優しく温厚。成人式で会えると…」 大阪・巻き添え死 女子学生の友人が涙

  4. 前回世論調査に比べ反対比率が急増 都構想の行方、最終盤までもつれそう

  5. 群馬県警大泉署で10人がコロナ感染 署長含む7割が自宅待機 運転免許業務停止

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです