メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

時代の風

BC級戦犯の戦後史 黒塗りでは忘れられる=梯久美子・ノンフィクション作家

=北山夏帆撮影

 戦後75年の夏が過ぎようとしている。毎年この季節には、どのようなテーマと切り口であの戦争の報道がなされるか注視しているが、近年ほとんど取り上げられることのないテーマがある。BC級戦犯のことである。

 戦犯とは戦争犯罪人のことで、A、B、Cは犯罪の内容による分類(Aは平和に対する罪、Bは通例の戦争犯罪、Cは人道に反する罪)である。

 いわゆる東京裁判で裁かれたA級戦犯についてはさまざまに研究がなされ、メディアで取り上げられることも多いが、BC級戦犯については、若い世代では聞いたことさえない人がいるのではないだろうか。

この記事は有料記事です。

残り1435文字(全文1694文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. NY株反落525ドル安 米与野党協議難航に嫌気、1カ月半ぶり安値水準

  2. 安倍政権が残したもの 私たちが大事「彼ら」は攻撃 オウム真理教報じた江川紹子さんが読む「カルト化社会」

  3. 「ヒステリックブルー」元ギタリスト、強制わいせつ致傷容疑で逮捕 埼玉県警

  4. ミュージカル「刀剣乱舞」東京公演、関係者のコロナ感染で中止

  5. 「もうええわ」ふるさと納税返礼品業者の叫び 指定取り消しの高知・奈半利町

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです