連載

もとをたどれば

商品名や社名などにこめられた企業の思いを紹介します。

連載一覧

もとをたどれば

ダイハツ工業 「大」阪の「発」動機、由来

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 日本を代表する軽自動車メーカー「ダイハツ工業」。国内新車販売台数では常に上位に入る「タント」など、生活に身近な小型車を生み出し続けている。

 会社の起源は1907年。輸入に頼っていたエンジンを国産化しようと、大阪高等工業学校(現・大阪大工学部)の学者らが大阪市に立ち上げた会社がルーツだ。「大阪の発動機(エンジン)製造会社」からとった「大」と「発」の略称が現在の社名の由来になった。

 設計図もない中、大阪駅近くの工場で輸入品の実物を参考に国産エンジンの開発につなげた。当初は主に船舶向けや農業用のディーゼルエンジンを手がけていたが、30年に「ダイハツ号」と名付けた小型三輪自動車を独自開発。エンジンメーカーから自動車メーカーに生まれ変わる転機となった。

この記事は有料記事です。

残り295文字(全文621文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集