メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

人生100年クラブ

市民後見人になりたい 認知症の人らサポート

記録した日報を元に品川区社会福祉協議会の職員に後見業務の相談をする新井宏さん(左)=東京都品川区で2020年8月6日午後2時49分、吉田卓矢撮影

 <くらしナビ ライフスタイル>

 認知症や障害で判断能力が十分でない人を、地域の一般市民がサポートする「市民後見人」が注目されている。「誰かの役に立ちたい」との思いから、定年退職後のセカンドライフに選ぶ人が増えているためだ。後見人として活動中の人に、仕事内容ややりがいを聞いてみた。

 ●施設入居支援も

 「スカイツリーが見えましたよ。もうすぐ着きますからね」。7月上旬、埼玉から東京へ向かう介護タクシーの中で、東京都品川区で市民後見人を務める新井宏さん(72)が認知症の男性(87)に声をかけた。男性はこの日、誤嚥(ごえん)性肺炎で入院していた埼玉県内の病院を退院し、都内の介護付き有料老人ホームに入居した。もともと暮らしていた同県の住宅型有料老人ホームでは再発時の対応が難しかったため、新井さんが新たな入所先を探し、付き添ったのだ。入所を見届けた新井さんは「ほっとしました」と胸をなで下ろした。

 元大学教員の新井さんは、「新しいことを学び身に付けたい」と考え、退職後の2017年に地元・品川区の社会福祉協議会(社協)の市民後見人養成講座を受講した。

この記事は有料記事です。

残り1114文字(全文1588文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 真面目なラブホテル苦境 給付金もGoToも対象外 「推奨されていい」はずなのに

  2. 「量が多く面倒」児童の絵日記などを家庭ごみで廃棄 教員を停職処分 新潟

  3. ダム湖の流木、無償提供が人気 「ストーブのまきに」 処分費削減にも貢献 岩手

  4. 「僕が駅を利用しない方がもうかるのか」 疎外感訴える障害者 無人駅巡りJR九州提訴へ

  5. 大坂なおみ選手起用「かわいさ」狙った広告に集まった批判 その背景は

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです