安倍首相辞任表明 官僚組織、忖度まん延 元文科事務次官・前川喜平さん/元外務省主任分析官・佐藤優さん

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
元文科事務次官・前川喜平さん=宮武祐希撮影
元文科事務次官・前川喜平さん=宮武祐希撮影

 約7年8カ月に及んだ第2次安倍政権下でたびたび問題視されてきたのが、中央省庁の幹部官僚が首相官邸の顔色をうかがう「忖度(そんたく)」だ。2014年に発足した内閣人事局が幹部官僚の人事権を掌握し、官僚に対する首相官邸の力が強くなりすぎたことによる弊害とも言われる。長期政権は官僚組織にどのような変化をもたらしたのか。元文部科学事務次官の前川喜平さん(65)と、作家で元外務省主任分析官の佐藤優さん(60)に聞いた。

この記事は有料記事です。

残り1543文字(全文1750文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集