メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

松尾貴史のちょっと違和感

「傘かしげ」などの「江戸しぐさ」 うそで教育は反道徳

 もうとっくにブームが去ったと思っていたら、またもやゾンビのように息を吹き返してきた。「江戸しぐさ」なる「作法のようなもの」だ。江戸時代の商人の商売繁盛のための秘伝にルーツを持つ教訓だという。

 これはもうすでに多くの専門家や研究者によって、偽史であり昭和に入って創作されたものだということは明らかなのだけれども、いまだに「江戸時代から伝わる美徳」と信じる人が後を絶たないのも事実だ。

 1980年代に読売新聞で紹介されたことがきっかけになったのか、2004年と05年にはACジャパンが公共広告機構だったころに取り上げて、一挙にまん延してしまった。

この記事は有料記事です。

残り1318文字(全文1590文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 映画『鬼滅の刃』興収300億円に向けファン団結「煉獄さんを300億の男に」 『コナン』に似た運動

  2. 「最下位おかしい」魅力度ランキングで栃木県 11月知事選の争点に

  3. #排除する政治~学術会議問題を考える 「だんまり決め込むなら、学術会議はなくなったらいい」木村幹教授の痛烈投稿 その真意は

  4. 「財研」記者日記 (1)財務省の花形ポスト「主計官」 喜怒哀楽に富む意外な素顔

  5. バイデン氏にリード許すトランプ氏に勝ち目がある理由とは 負けても粘る「蜃気楼」宣言

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです