メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トランプ大統領がウィスコンシン訪問へ 黒人男性銃撃事件の街を視察

米ウィスコンシン州で起きた黒人銃撃事件に抗議し、デモ行進する人々=ウィスコンシン州ケノーシャで2020年8月26日、AP

[PR]

 米ホワイトハウスは29日、ドナルド・トランプ大統領(74)が来月1日、黒人男性が警察官に銃撃された事件を発端に激しい抗議行動が続く中西部ウィスコンシン州ケノーシャを訪問すると明らかにした。抗議デモで被害を受けた市街地を視察し、地元警察当局から報告を受ける。

 同州は、11月大統領選の勝敗に大きく影響する接戦州の一つ。民主党候補のジョー・バイデン前副大統領(77)が、黒人差別・警察暴力への抗議行動ブラック・ライブズ・マター(黒人の命は大事だ、BLM)への連帯を示すのに対し、トランプ氏は暴動や略奪に焦点を当て「法と秩序が必要だ」と訴えている。ケノーシャ訪問で、治安維持にあたる警察当局を支持する姿勢を明確にする考えだ。

 ケノーシャでは今月23日、黒人男性が警察官に銃撃され下半身まひの重傷を負った。直後から起きた抗議デモの一部が暴徒化。建物の放火などを受け、現地に他州所属を含む州兵が派遣されて夜間外出禁止令が出されるなど緊張が続く。25日には抗議デモ参加者が銃撃されて3人が死傷。17歳の白人少年が殺人容疑でその後逮捕された。

 トランプ氏は29日、南部テキサス州で記者団にケノーシャ訪問の意向を表明。「州兵が派遣されてから現地の状況は劇的に改善した」などと語った。【ワシントン高本耕太】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 櫻井翔、トレーニングで“継続は力なり”を実感「続けることが大切」

  2. ファクトチェック 菅首相発言「Go Toトラベルでの感染者7人」はミスリード

  3. 山口組分裂5年 特定抗争指定の効果じわり 一部で脱退の動きも

  4. 安倍政権が残したもの 私たちが大事「彼ら」は攻撃 オウム真理教報じた江川紹子さんが読む「カルト化社会」

  5. 金言 首相、そりゃないよ=小倉孝保

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです