メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ガザ地区でコロナ市中感染が広がる ハマス、外出禁止令出しロックダウン

ロックダウン中の街をマスクを着けて歩く女性=パレスチナ自治区ガザ地区で2020年8月27日、AP

 パレスチナ自治区ガザ地区で新型コロナウイルスの市中感染が広がり始めている。ガザ地区を実効支配するイスラム組織ハマスは外出禁止令を出し、幹線道路を土盛りで遮断するなどロックダウン(都市封鎖)を導入。約200万人が劣悪な住環境で密集して暮らすガザ地区は、医療体制も貧弱なため、さらなる感染拡大が懸念されている。

 ガザ地区では3月以降、イスラエルやエジプトとの境界にある検問所を通って地区内に戻り、隔離施設に滞在していた住民らの感染は確認されていた。当局はこうした入境者の隔離期間を3週間と定めるなど厳しく管理し、市中感染を防いできた。

この記事は有料記事です。

残り424文字(全文690文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 呼吸困難や倦怠感…実は深刻なコロナ後遺症 病院で相手にされず 医師「国は対策を」

  2. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

  3. 「感染を制御できない」 専門家に強い危機感 会合後に漏れた本音

  4. #排除する政治~学術会議問題を考える 新しい形態の学問弾圧「菅首相は歴史に名前が刻まれる」 木本忠昭・日本科学史学会会長

  5. 新型コロナに無為無策の菅政権 全額国費で「面の検査」「社会的検査」を

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです