メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ベルリンで「反マスク」デモ激しさ増す 市は禁止も裁判所が許可

抗議デモの参加者を取り押さえる警察官=ベルリンで2020年8月29日、AP

 ドイツの首都ベルリンで、新型コロナウイルス対策として導入されたマスク着用などの規則に抗議するデモが激しさを増している。新規感染者数が増加傾向にあることを踏まえて、市当局はいったんデモ開催を禁止。しかし、その後、裁判所が逆に開催してもよいとの判断を下したためデモは実施された。

 「我々が声を上げるのは(当局が新型ウイルス規制で)自由を盗むからだ」。ベルリン市内では29日、市民約3万8000人がプラカードを掲げ、個人の自由を侵害するマスク着用義務などへの反対を訴えた。ワクチン接種に反対する人や極右団体のメンバーも参加した。

 ベルリンでは8月上旬にもデモが行われたが、参加者の多くがマスクを着用しなかったことが問題化。これを念頭に市当局は当初、「十分な感染防止対策が取られない可能性が高い」として、29日のデモ開催を禁止した。メルケル首相も「市当局が感染防止のための規則を重視していることは明らかだ。決定を尊重する」と述べていた。ところが、直前になって裁判所は市の決定を覆し、参加者同士の社会的距離を保つなどの条件を守れば、…

この記事は有料記事です。

残り252文字(全文714文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 焦点 衆院予算委 野党「景気重点」やり玉

  2. 1年に1度しか見ちゃダメ? 幸運もたらす謎の毛玉「ケサランパサラン」

  3. 新型コロナ 本当にデタラメなのか 河野太郎行革相が批判したNHKワクチン報道を検証した

  4. 赤坂電視台 加藤浩次/1 料理の味は思い出とともに

  5. 視聴室 美女と焼肉

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです