大往生のハシビロコウ 「ビルじいさん」雌だった 伊豆シャボテン動物公園

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
来園35周年記念イベントでバケツの餌を食べるハシビロコウのビル=2016年4月、梁川淑広撮影
来園35周年記念イベントでバケツの餌を食べるハシビロコウのビル=2016年4月、梁川淑広撮影

 静岡県伊東市富戸の伊豆シャボテン動物公園は28日、「ビルじいさん」と親しまれ、老衰で6日に死んだハシビロコウが、解剖の結果、雌と分かったと発表した。

 英名の「シュービル」(木靴のようなくちばし)が由来の雌「シュー」とつがいの雄「ビル」として1981年に来園。シューに早く先立たれたが、放し飼いのバードパラ…

この記事は有料記事です。

残り231文字(全文384文字)

あわせて読みたい

注目の特集