メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

鑑定依頼した資料2565点放置 38年分、未解決事件も 山梨県警

山梨県警本部がある県庁防災新館=甲府市で、井川諒太郎撮影

 山梨県警刑事企画課は28日、警察署や県警本部各課が鑑定依頼した資料2565点が、同県笛吹市の科学捜査研究所に放置されていたと発表した。1974~2012年のメモや車の塗膜片、猟銃用の雷管など。交通事故や詐欺事件関係が多く、未解決や重大な事件のものも含まれていた。県警刑事部の瀬戸良広参事官は「鑑定結…

この記事は有料記事です。

残り156文字(全文306文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 法人税と所得税の不公平是正で消費減税はできる

  2. ORICON NEWS Sexy Zone、2年半ぶり5人でライブ 松島聡が久々の“鼻の下投げキッス”

  3. 大阪市4分割コスト試算「捏造」 市財政局 2日で一変、謝罪 市長面談後

  4. 九州の温泉地、更なる落ち込みにおびえ「いつまで持ちこたえられるか分からない」

  5. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです