メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

職員一斉退職の意向 兵庫・須磨の企業主導型保育所 運営見通し不透明に

職員が一斉に退職届を提出した企業主導型保育所「須磨うみとやま保育園」=神戸市須磨区で2020年8月28日午後3時22分、反橋希美撮影

 神戸市須磨区の企業主導型保育所「須磨うみとやま保育園」で、事務職を除く全職員11人が8月末から9月にかけて一斉に退職する意向を示していることが明らかになった。運営会社は「早急に職員を確保し、立て直したい」としているが、安定的な運営が継続できるか不透明になっている。

 同園は2019年3月に開設。定員は0~6歳の30人で、約20人が利用している。運営する合同会社「イネイト保育会」(京都市)などによると、退職する意向を示しているのは園長を含む保育士と保育補助、調理スタッフら。賞与や手当の…

この記事は有料記事です。

残り366文字(全文610文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスクで失格の40代受験生、トイレにこもり警察出動 注意されせき込む仕草も

  2. 首相「一日も早く収束」 コロナ対応陳謝も 施政方針演説

  3. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  4. 視聴室 青のSP-学校内警察・嶋田隆平-

  5. 「菅語」を考える 緊急事態なのに「あいさつ」 響かない首相会見 青木理さんが考えたメディアの責任

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです