「世界一かわいい」スナネコ赤ちゃん誕生から4カ月 ブームに沸く那須どうぶつ王国の飼育員インタビュー

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
仲むつまじいスナネコの親子=栃木県那須町の那須どうぶつ王国で、2020年8月27日午後1時43分、竹田直人撮影
仲むつまじいスナネコの親子=栃木県那須町の那須どうぶつ王国で、2020年8月27日午後1時43分、竹田直人撮影

 愛らしい容姿から「砂漠の天使」と呼ばれる世界最小級の野生ネコの「スナネコ」。栃木県那須町の「那須どうぶつ王国」で4月、日本の動物園で初めて「アミーラ」が誕生すると、「世界一かわいい」と大人気になった。7月には赤ちゃん3匹も生まれ、同王国はスナネコブームに沸いている。飼育員の荒川友紀さん(28)にアミーラ誕生からの4カ月について聞いた。【竹田直人】

この記事は有料記事です。

残り1209文字(全文1384文字)

あわせて読みたい

注目の特集