「新手ヤミ金」給与ファクタリング 罪悪感なき前借り、暗転

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
男性が業者と交わした契約書。賃金(給与)を受け取る権利を業者に譲渡する内容が書かれている=大阪市内で2020年8月25日午前10時23分、茶谷亮撮影(画像の一部を加工しています)
男性が業者と交わした契約書。賃金(給与)を受け取る権利を業者に譲渡する内容が書かれている=大阪市内で2020年8月25日午前10時23分、茶谷亮撮影(画像の一部を加工しています)

 親戚への香典のために借りた5万円、それが悪夢の始まりだった――。「給料を前借りできる」などとうたい、高い利息で現金を貸し付ける「給与ファクタリング」が横行している。ある男性は複数の業者から借り入れを繰り返し、借金総額は5万円から、半年で約100万円までふくらんだ。元アイドルを広告塔にするなど巧妙な手口で利用者を広げ、新手のヤミ金融とも指摘される。男性の証言から、その知られざる実態を探った。

この記事は有料記事です。

残り1689文字(全文1886文字)

あわせて読みたい

ニュース特集