メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特集ワイド

川崎市「ヘイトスピーチ禁止」施行 条例、試行錯誤の船出 罰則に抑止効果、運用面で課題も

JR川崎駅前での街宣活動に対して、プラカードを掲げて抗議する市民=2020年7月12日午後2時45分、井田純撮影

 全国で初めて、ヘイトスピーチ(差別扇動表現)への刑事罰規定を盛り込んだ条例が成立した川崎市。7月1日に条例が全面施行された後、同市で行われた街頭宣伝活動では、これまで差別的な演説を行ってきた参加者たちが条例への「警戒」をにじませる発言を繰り返すなど、一定の差別抑止効果がうかがえた。一方で、運用を巡る課題も浮かんでいる。

 「市の職員、どこで録音してるんだ!」「川崎市職員の方、いらっしゃいますか」。7月12日、JR川崎駅前。これまで同じ場所で何度も、在日コリアンや外国出身者を差別・排斥する演説を行ってきた参加者たちは、マイクを通じて「市職員」に度々呼びかけた。活動は事前に告知され、約20人が参加。これに抗議するため100人以上の市民が集まり、市職員約10人が条例に基づいて初めて違法な言動の監視活動を行った。

この記事は有料記事です。

残り2441文字(全文2798文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 複数選手が脱水症状 プリンセス駅伝でアクシデントが相次ぐ理由とは

  2. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』もはや“日本経済の柱”と話題 映画は歴代1位発進、東宝株価が高値更新…企業コラボも恩恵続々

  3. 「足立区滅ぶ」LGBT差別発言の区議が本会議で謝罪 「傷ついた全ての方に心からおわびします」

  4. 特集ワイド 令和おじさん、パンケーキおじさん 「庶民派」菅首相の正体 中島岳志・東工大教授に聞く

  5. 菅首相は「反知性主義」なのか 任命拒否問題で神学者・森本あんりさんが抱く違和感

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです