メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

岐阜支局長からの手紙

「無観客」試合 /岐阜

 来春のセンバツにつながる秋の県高校野球大会が始まりました。

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で、原則無観客で実施されます。特に29、30両日の1、2回戦は高校グラウンドなどが会場で、選手の保護者も入れませんでした。県版に事前に載せた対戦組み合わせも、会場は伏せました。

 学校関係者に感染者が出て、臨時休校・部活休止の期間が試合日と重なれば、チームはそこで敗退です。県高野連が大会を慎重に運営するのは当然です。

 それでも観戦を楽しみにしているファンは多く、「見せてくれよ」という電話が支局にありました。県高野連にも、そうしたメールが届いたようです。

この記事は有料記事です。

残り537文字(全文811文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「第5のがん治療」光免疫療法 世界に先がけ承認 期待と課題は

  2. #排除する政治~学術会議問題を考える 「だんまり決め込むなら、学術会議はなくなったらいい」木村幹教授の痛烈投稿 その真意は

  3. 与党はまた“首相隠し”に走るのか くすぶる支持率低下の不安 臨時国会の行方

  4. 「財研」記者日記 (1)財務省の花形ポスト「主計官」 喜怒哀楽に富む意外な素顔

  5. 任命拒否、04年「想定外」 学術会議人事、政府文書に明記

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです