メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

フッ素含有医薬品に光 名大院教授らが新技術 /愛知

 薬の持続性を高めるなどの効果があるとされる「フッ素」を含んだ医薬品の開発に役立つ新技術を生み出したと、名古屋大大学院の石原一彰教授(有機合成化学)らのグループが発表した。「不斉(ふせい)合成」と呼ばれる方法で有用な成分だけを選んで作り出し、これまで不可能だったさまざまな創薬が可能になるという。

 フッ素は歯磨き粉の虫歯予防成分などとして知られるが、医薬品に導入すると、体内での吸収を促進したり、薬の持続性を向上させたり…

この記事は有料記事です。

残り315文字(全文525文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「絶対に帰ってこられるから、頑張って」 キャンプ場で女児不明1年 母からの伝言

  2. 気温54.4度の衝撃 異常気象は日常に…? そんな未来で起きること

  3. ネグレクト、「親分の子」、そして薬物…高知東生さんが打ち明けた壮絶な生い立ち

  4. 俳優の斎藤洋介さんが死去 69歳 名脇役として映画やテレビドラマで活躍

  5. 松尾貴史のちょっと違和感 「菅内閣」発足 権限かさに脅す手法、早くも

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです