メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

鳥羽・神島の「逸品」 斎宮歴史博物館で展示 明和 /三重

ミニ展示会「逸品」で紹介されている「鉄獅嚙文金銅象嵌鍬形」=三重県明和町の斎宮歴史博物館で

 明和町竹川の斎宮歴史博物館エントランスホールで30日、鳥羽市の離島・神島の八代神社に伝わる遺物にスポットを当てたミニ展示会「逸品」が始まった。11月29日まで。

 同神社には約100点の神宝があり、64点の銅鏡などその多くが国の重要文化財に指定されている。ミニ展示は、同館で25~29日に博物館実習を…

この記事は有料記事です。

残り220文字(全文370文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 落語家の桂文枝さん 67歳妻と99歳母が死去 今月下旬に相次ぎ

  2. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  3. 皇族に人権はない? 「眞子さまと小室さん」ご婚約内定から見えてきたこととは

  4. 豊臣期の大坂城石垣を公開 本丸中心部、夏の陣の痕跡や金箔瓦も出土

  5. 学生街の喫茶店、コロナでピンチ 早大生有志がクラウドファンディングで応援

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです