メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

防犯や交通安全、県啓発イベント 9月14日 /三重

 犯罪や交通事故のない安全な地域作りを目指した県の計画「安全で安心な三重のまちづくりアクションプログラム」のキックオフイベントが9月14日、県庁講堂で開催される。県内各地域で防犯活動や交通安全運動を実施した企業や団体などの活動報告や、事件や事故に巻き込まれないよう啓発イベントなどが行われる。参加申し込みは9月4日まで。

 プログラムは第2弾として県が策定。県によると近年、刑法犯罪の認知件数や交通事故死傷者は減少傾向にあるものの、児童虐待や性犯罪、詐欺など子供や女性、高齢者が被害者となる犯罪が相次いでいるという。同プログラムでは、2023年度までに刑法犯罪の認知件数を7500件以下、交通事故死者数を60人以下にするなど目標数値を定めている。

この記事は有料記事です。

残り265文字(全文587文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. まるでエヴァ? 「緊急事態宣言、発出中」福岡県製作の動画が話題

  2. 「大変な時期に」 旭川医大、コロナ巡り学長と対立の病院長解任 関係者に衝撃

  3. 名古屋市の救急医療ピンチ 搬送中に心肺停止状態も 愛知県が専門チーム

  4. 政府、中国のウイグル弾圧を「ジェノサイドとは認めず」 米国務省認定と相違

  5. 午後8時以降に銀座クラブ 自民・松本氏と公明・遠山氏が陳謝 週刊誌報道認める

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです