メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

5分間の夏花火 コロナで祭り中止、家で観賞 中央ゆめづくり協「希望届けたい」 名張 /三重

中央ゆめづくり協議会が打ち上げた花火=三重県名張市鴻之台1で2020年8月29日午後8時4分、衛藤達生撮影

 名張市鴻之台1の市消防本部近くで29日、地元の中央ゆめづくり協議会が約5分間、花火を打ち上げた。今年は新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、同協議会は事前に「家の中から楽しんでほしい」と呼びかけていた。

 同協議会では例年、やぐらを同所に組み、盆踊りやダンスなどのステージイベントを行うほか、やぐらを囲うように夜店が軒を連ね、…

この記事は有料記事です。

残り247文字(全文411文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

  2. 「なぜ?なぜ?なぜ娘だったのか」 福岡・商業施設女性刺殺、被害者の母

  3. 「1日で49人の相手を…」 過酷な労働、波乱の人生赤裸々に 「からゆきさん」肉声テープ発見

  4. 飛行機マスク拒否 大学職員「容疑と事実違う」 捜査車両でも着用しなかった理由

  5. マスク拒否し緊急着陸させた大学職員逮捕 威力業務妨害などの疑い 大阪府警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです