メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

四国の戦跡を訪ねて

【番外編】女神丸事件 機銃掃射浴びた定期船 /香川

女神丸などの海難事故遭難者を供養する慰霊碑の前で手を合わせる新城周子さん=香川県土庄町で、川原聖史撮影

 太平洋戦争が終結する1週間前、高松市の屋島沖で、定期船の女神丸が米軍戦闘機から機銃掃射を浴び、28人が犠牲になった「女神丸事件」。当時25歳だった叔母の伴時枝(ばんときえ)さんを亡くした土庄町の新城周子(かねこ)さん(82)は「多くの人に女神丸のことを知ってもらい、風化しないよう語り継いでもらいたい」と話す。

 1945年8月8日、小豆島の土庄港を午前7時半に出航した女神丸は、軍人や民間人約150人を乗せて高松港に向かっていた。到着まであと15分となった頃、米軍の戦闘機3機が現れ、海上約15メートルの低空飛行から機銃掃射を浴びせかけた。

この記事は有料記事です。

残り577文字(全文848文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 複数選手が脱水症状 プリンセス駅伝でアクシデントが相次ぐ理由とは

  2. 83年国会答弁、内閣府「維持か答えるの困難」強弁 野党ヒアリング詳報

  3. バックアップ、5年「OFF」 富士通のマニュアルに誤り 東証システム障害

  4. FX投資詐欺の疑い7人逮捕 700人から計2億円超だまし取ったか 大阪

  5. 「政府が記録残すのは当然」新書版で削除 菅首相の著書「政治家の覚悟」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです