メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

悼む

作曲家 エンニオ・モリコーネさん=7月6日死去・91歳

作曲家のエンニオ・モリコーネさん=UPI共同

 オープニングテーマを担当した大河ドラマ「武蔵 MUSASHI」が放送されたのが2003年。翌04年の初来日の折、取材した。映画と音楽が切っても切れない仲だった1960年代の芸能ファンには忘れようもないビッグネームゆえ、取材部屋のドアを開ける時、緊張した。が、迎えてくれた小柄なマエストロは、風格はあっても、拍子抜けするくらい明るく穏やか。

 話の端々に表れるのが、「音楽家」としてのプライドであった。自伝「エンニオ・モリコーネ、自身を語る」でも、映画や監督の話ばかり聞かれて、不機嫌そうな様子がみて取れる。「僕はね、現代のクラシック音楽つまり純音楽を作曲している。映像音楽は、その派生のようなものだ」ときっぱり区別する。とはいえ「荒野の用心棒」などマカロニウエスタンから「ミッション」「ニュー・シネマ・パラダイス」まで、優美でとろけるような…

この記事は有料記事です。

残り298文字(全文668文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ジャパンライフに8000万円投じた女性 「安倍首相らが広告塔なので信用」

  2. 大阪で新たに60人が感染、2人死亡 新型コロナ

  3. 大坂なおみ選手起用「かわいさ」狙った広告に集まった批判 その背景は

  4. 自民・高鳥衆院議員が新型コロナに感染 国会議員で初

  5. 追跡 ジャパンライフに全財産投資 「どう生きていけば」 被害拡大防止「早く捜査を」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです