メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

悼む

俳優・立石涼子さん=8月2日死去・68歳

俳優の立石涼子さん

 2004年、演劇集団円で鬼才マクドナーの戯曲第1作「ビューティークィーン・オブ・リーナン」が上演された。本邦初演であった。アイルランドの田舎町で、母親のマグと娘のモーリーンが繰り広げる激しい確執の物語。涼子さんはイギリス留学中にこの作品に出合い、帰国後はみずから企画発案、娘のモーリーンの役をたくましくも繊細に演じきって、その年の紀伊國屋演劇賞を受賞した。

 終演後のお酒の席で、私は大先輩の涼子さんから本作の続編である「ロンサム・ウェスト」を勧められ、2年後、これで演出デビュー。出演こそされなかったが、涼子さんは稽古(けいこ)場に何度も足を運んでくださった。本番の1週間前には「ヌルいっ!」と強烈な“喝”が飛んだ。あの叱咤(しった)が、今も私の演劇人生を支えている。

この記事は有料記事です。

残り362文字(全文697文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ジャパンライフに8000万円投じた女性 「安倍首相らが広告塔なので信用」

  2. 新閣僚「人となり報道」は本当に必要か? 香港からの問いかけ

  3. 大坂なおみ選手起用「かわいさ」狙った広告に集まった批判 その背景は

  4. 自民・高鳥衆院議員が新型コロナに感染 国会議員で初

  5. 東京で新たに220人の感染確認 200人超えは6日ぶり 新型コロナ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです