メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外田中将大が8年ぶり楽天復帰 ヤンキースから
学校とわたし

中学で芸大卒の教師に導かれ=ジャズピアニスト・渋谷毅さん

ジャズピアニスト・渋谷毅さん=伊藤一博撮影

渋谷毅(しぶや・たけし)さん

 ピアノとの出合いは終戦の翌年、疎開先の長野から東京都大田区に戻ってきた小学校1年の時だったね。担任の先生の専門が音楽で、週1回教えてもらうことになった。最初は楽しくて進歩も速かったけれど、3年の頃から鉱石ラジオ作りにのめり込んで、だんだん足が遠のいちゃった。

 でも中学2年の時、「東京芸大に付属高校ができる」という新聞記事をみて「受けてみよう。ピアノをやり直そう」と思い立った。運良く芸大を卒業した若い女の先生が赴任してきて相談してみると、「入試まで1年半しかない。ピアノ科は無理だから作曲科がいい」と親身にアドバイスしてくれた。一番実力が伸びる少年期に一番遊んでいたから上達するのは大変だったけれど、先生が熱心で、芸大教授のレッスンに連れて行ってくれたりした。メロディーを聞いて譜面に書き取る聴音が得意だったからか合格できてうれしかったなあ。15人ほど受けて受かったのは3人だった。

 2期生だったわけだけど、入ってみて先生の指導が昔風で厳しいのなんの。正直参った。そんな中、2年の時、ジャズを知ることになったんだ。同級生で後にジャズ奏者として大成する菊地雅章(まさぶみ)君が学校に持ってきたジョージ・シアリングやエロール・ガーナーのLPを聞いてしびれまくった。「自由で楽しい。やってみたい」。それが第一印象。学校近くのお茶の水の楽器店で譜面をあさり、菊地君と一緒に空き教室でジャズの…

この記事は有料記事です。

残り490文字(全文1097文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 社説 11年ぶりに自殺者増加 コロナ下こそ届く支援を

  2. 社長ではなく総務部長? 安倍政権の大番頭「危機管理の菅」とは何だったのか

  3. 月刊・時論フォーラム 馬毛島の基地計画/弾劾訴追/養鶏と政治

  4. 首相「少々失礼じゃないでしょうか」 蓮舫氏「言葉が伝わらない」批判に気色ばむ

  5. 記者のこだわり 他殺か、中毒死か ピンクに染まった遺体の歯は何を語っているのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです