メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大相撲 関係者950人がコロナ予防策学ぶ

 日本相撲協会は30日、東京・両国国技館で新型コロナウイルスの感染予防対策についての講習会を開いた。親方や力士ら協会員のほか、各部屋のマネジャーやおかみさんら約950人が参加した。

 非公開で約1時間行われ、芝田山広報部長(元横綱・大乃国)によると、東京大医科学研究所の四柳宏教授らが講師を務め、密閉、…

この記事は有料記事です。

残り150文字(全文300文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 先進国のワクチン「囲い込み」にアフリカ諸国苦戦 資金確保課題、中国製頼みも

  2. 和歌山・かつらぎ町の養豚場で豚熱確認 2018年9月以降、関西で初

  3. 政府、中国のウイグル弾圧を「ジェノサイドとは認めず」 米国務省認定と相違

  4. 東京・豊島女性殺害 女児への強制わいせつ容疑 元保育士をきょうにも再逮捕

  5. 愛知で新たに215人の感染確認 豊橋市内の飲食店でクラスターか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです