連載

影山貴彦のテレビ燦々

同志社女子大学メディア創造学科教授・影山貴彦さんがつづるテレビにまつわるコラムです。

連載一覧

影山貴彦のテレビ燦々

眞島秀和の可愛さ満開「おじカワ」 頼もしや、面白さに貪欲

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 <影山貴彦のテレビ燦々(さんさん)>

 今、楽しい気持ちになりたい方には、「おじさんはカワイイものがお好き。」(読売テレビ系)をお勧めする。夏バテもコロナ疲れもしばし忘れられるドラマだ。

 見た目はカッコよく、仕事はバッチリこなし、会社の同僚たちからの信頼も絶大な主人公、小路(おじ)三貴を演じているのは、眞島秀和だ。彼には周囲に隠していることがひとつある。それが、「カワイイものが好き過ぎる」という嗜好(しこう)だ。別に内緒にしなくても、とも思うが、それではドラマが転がらない。イケてるおっさんと可愛いもの大好きというギャップを魅力的に感じる視聴者も多いようで、大真面目に役柄をこなす眞島の姿にひかれ…

この記事は有料記事です。

残り452文字(全文752文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集