首相、トランプ米大統領と電話協議 辞任説明や日米連携の維持確認か

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
安倍晋三首相
安倍晋三首相

 安倍晋三首相は31日午前、トランプ米大統領と約30分間、電話協議した。首相は持病の潰瘍性大腸炎の悪化で任期途中で辞任することを説明し、後継首相とも引き続き緊密な日米連携を維持するよう確認したとみられる。

 電話協議は5月8日以来。新型コロナウイルス対策での協力や、東シナ海・南シナ海で活発化する中国の行動への対応、陸上配…

この記事は有料記事です。

残り240文字(全文400文字)

あわせて読みたい

注目の特集