メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「最長」のおわり

届かなかった「2%物価上昇」 首相誇れぬ経済成果 霞が関「目標設定に無理」

アベノミクス三本の矢で日本経済はどうなった

 安倍政権が異例の長期政権となった原動力の一つは、経済政策だ。安倍晋三首相は経済政策として「アベノミクス」を掲げ、金融緩和、財政出動、成長戦略の三本の矢でデフレから脱却し日本経済を再生すると宣言。選挙のたびにその成果を訴えてきた。7年8カ月続いたアベノミクス。円安や世界経済の回復もあって企業業績は好調となった一方、金融市場のゆがみや政府の借金の増加などその負の遺産も膨らんでいる。【大久保渉、浅川大樹、和田憲二、花澤葵】

 「20年続いたデフレに三本の矢で挑み、400万人を超える雇用を作り出すことができた」。安倍晋三首相は辞任を表明した8月28日の記者会見で経済政策の成果についてそう述べたが、「アベノミクス」という言葉は一度も口にしなかった。かつて米国で「バイ・マイ・アベノミクス(アベノミクスは買いだ)」と演説するなど、ことあるごとにアピールしたのと比べると、落差が際立った。

この記事は有料記事です。

残り1217文字(全文1608文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 紅白、星野源さんら5組は生でなく事前収録 NHK「演出上の都合」

  2. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  3. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

  4. 爆笑問題の田中裕二さん、くも膜下出血・脳梗塞で救急搬送され入院

  5. 熱血!与良政談 「菅降ろし」の始まり方=与良正男

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです