特集

2020自民党総裁選

自民党総裁選に関する特集ページです。

特集一覧

「党員投票を」要望広がる 自民青年局、10府県連が要請 岸田氏も「望ましい」

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
総裁選について記者の質問に答える自民党の岸田文雄政調会長=東京都千代田区の同党本部で2020年8月31日午後5時4分、竹内幹撮影
総裁選について記者の質問に答える自民党の岸田文雄政調会長=東京都千代田区の同党本部で2020年8月31日午後5時4分、竹内幹撮影

 自民党総裁選で党員投票を行わない方針となっていることを巡り、党青年局は31日、国会議員143人分と地方議員403人分の署名を添え、党員投票を求める申し入れ書を二階俊博幹事長に提出した。党幹部や地方組織からも党員投票を求める声が相次いだ。

 小林史明青年局長らは31日、党本部で二階氏らに「より多くの国民の理解と支持を得るためには、全ての党員に開かれた透明な選出手続きが不可欠」などとする申し入れ書を手渡した。

 総裁選立候補に意欲を示す岸田文雄政調会長も31日の民放番組で「党員に意思表示してもらうことを考えたら党員投票が望ましい」と主張。稲田朋美幹事長代行も同日、首相官邸で記者団に「党員が総裁選で1票を投じるのは非常に大きな権限で、制限するのは慎重であるべきだ」と述べた。

この記事は有料記事です。

残り315文字(全文652文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集