メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米投資家バフェット氏 日本の大手商社5社の株、各5%超取得

ウォーレン・バフェット氏=ゲッティ共同

 「投資の神様」と称される米著名投資家のウォーレン・バフェット氏率いる投資会社バークシャー・ハサウェイは30日、三菱商事や三井物産など日本の大手商社5社の株式をそれぞれ5%超取得したと発表した。長期保有する方針で、株価によって最大で9.9%まで引き上げるとしている。

 バフェット氏は、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で運用成績が悪化。お気に入りとされた米航空大手株を旅客需要の回復が見込めないとして売却するなど、投資先の見直しを進めている。

 取得したのはほかに伊藤忠商事、住友商事、丸紅。商社業界は経済活動の停滞や資源価格の下落から業績が低迷しているが、バフェット氏は声明で「大手商社5社は世界各地で合弁事業を展開しており、今後も拡大を期待している」と述べた。5社の株は市場を通じて約12カ月間で取得した。

この記事は有料記事です。

残り220文字(全文574文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「存在しません」東京五輪ツイッター公式アカウント 規約抵触で 24日午後に復旧

  2. 「市にうそつきと思われショック」児童扶養手当、突然の打ち切り 元夫の意外な行動

  3. 岐阜県知事選 古田氏が5選 新人3氏を破る

  4. 「地域から協力金集めて慰安旅行」 幽霊消防団員巡り告発続々 地域社会にあつれき

  5. 菅首相、SNS活用を学ぶ 「曲解して伝わる仕組み」に強い関心

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです