特集

2020米大統領選

2020年11月に行われた米大統領選。共和党のトランプ大統領と民主党のバイデン氏が争い、バイデン氏が勝利した。

特集一覧

トランプ氏、民主党首長を「過激左翼」 ポートランド衝突 支持者には「愛国者」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
銃撃された男性の救助活動を行う警官ら=米西部オレゴン州ポートランドで8月29日、AP
銃撃された男性の救助活動を行う警官ら=米西部オレゴン州ポートランドで8月29日、AP

 ドナルド・トランプ米大統領(74)は8月30日、黒人差別や警察暴力への激しい抗議運動が続く西部オレゴン州ポートランドの市長ら、ブラック・ライブズ・マター(BLM、黒人の命は大事だ)運動に理解を示す野党・民主党の首長を「過激左翼」と批判するツイートを相次ぎ投稿した。11月の大統領選の対立候補、民主党のジョー・バイデン前副大統領(77)についても「地下室に籠もり、犯罪行為を糾弾しようともしない」と攻撃した。

 ポートランドでは29日、治安維持にあたる警察を支援するトランプ大統領支持者グループが車列を組んで市内を行進し、反対派と衝突。直後に銃撃が起き、極右団体との関連が指摘される白人男性が死亡した。トランプ氏は市内に向かう車列とみられる映像を「偉大な愛国者たち」とのツイートとともに転載。死亡した男性には「安らかに眠れ」との追悼文を投稿した。

 トランプ氏はまた「国民は法と秩序を求めている。州兵の出動を要請しろ」などと繰り返した。大統領選を前に、全米で続くBLM運動が「極左勢力や無政府主義者」に支配されていると強調、民主党の対応が弱腰との印象付けを狙っている。

「憎悪と暴力はあな…

この記事は有料記事です。

残り512文字(全文1003文字)

【2020米大統領選】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集