メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

中国、最先端技術の海外移転規制を強化 TikTokの事業売却に影響も

TikTok=曽根田和久撮影

 中国政府は最先端技術の海外移転に関する規制を強化した。北京字節跳動科技(バイトダンス)が展開する動画投稿アプリ「TikTok(ティックトック)」も規制の対象となる可能性があり、水面下で進む同アプリの米国事業売却交渉にも影響を与えそうだ。

 中国商務省などによると、重要技術の輸出や海外移転を制限する「技術リスト」を12年ぶりに改訂し、人工知能(AI)関連などを新たに規制対象に加えた。「特許権やノウハウの譲渡、技術・サービスの移転」も規制対象になるという。

 中国国営新華社通信は、このリスト改訂で「バイトダンスが保有する技術も規制対象となる可能性が高い」との専門家の見方を伝えた。バイトダンスも30日夜、「我が社は規制を厳格に守る」と表明している。規制対象となる技術を海外に輸出、移転するには、当局の許可が必要となる。ティックトックの米国事業売却に中国当局が介入する余地が生まれた格好だ。

この記事は有料記事です。

残り463文字(全文857文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅首相は「地方に優しくない」 潜む新自由主義と翼賛の危機 「左遷」された元官僚が伝えたいこと

  2. 全国初 レクサスパトカー GT-Rに続き会社役員が栃木県警に寄贈

  3. 五輪招致疑惑、IOC委員側に3700万円 コンサル口座から

  4. 現場から うがい薬で「コロナに勝てる」、不十分なデータ基に会見 一府民、情報公開請求で解明 活動、ネットで広がる /大阪

  5. ネグレクト、「親分の子」、そして薬物…高知東生さんが打ち明けた壮絶な生い立ち

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです