台風9号 沖縄、暴風に警戒 最大風速50メートル予想 気象庁

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
気象庁
気象庁

 気象庁は31日、台風9号の接近に伴い、沖縄や西日本では風が強まる前に頑丈な建物に避難し、屋内では窓から離れるなど、暴風に厳重に警戒するとともに、うねりを伴った高波にも注意を呼びかけている。また、台風の北上に伴い、西日本では9月2日から3日にかけて、暴風や猛烈なしけとなるおそれがあるという。

 大型で強い台風9号は31日午前6時45分には沖縄の南にあって、時速20キロの速さで北へ進んでいる。中心の気圧は955ヘクトパスカル、中心付近の最大風速40メートル、最大瞬間風速60メートルで、中心から半径150キロ以内では風速25メートル以上の暴風とな…

この記事は有料記事です。

残り411文字(全文684文字)

関連記事

あわせて読みたい

ニュース特集