メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ありがとう、としまえん 1世紀の歴史に幕「最後まで楽しませてもらった」

[PR]

閉園の日を迎えた遊園地「としまえん」の回転木馬「カルーセルエルドラド」の周囲に集まる大勢の来園者=東京都練馬区で2020年8月31日午後7時半、吉田航太撮影

 1世紀近い歴史を誇る遊園地「としまえん」(東京都練馬区)は31日夜、最後の営業を終えて閉園した。長年にわたり、世代を超えて愛された遊園地。厳しい暑さにもかかわらず、名残を惜しむ大勢の客が、最後の思い出を胸に刻んだ。

 コロナ禍にもかかわらず、来園者で連日にぎわうとしまえん。この日も午前9時の開園を前に大勢がチケット売り場に列をなした。「今までありがとう」「お疲れさま」。園内のメッセージボードは、感謝やねぎらいの言葉でいっぱいだ。

 とりわけ人気を集めたのは、ドイツで1907年に製造され、世界最古級とされる回転木馬「カルーセルエルドラド」。開園から長蛇の列ができ、夕方は待ち時間が2時間を超えた。エルドラドを背景にスマートフォンで記念撮影をする家族連れやカップルらも相次いだ。

閉園の日を迎えた遊園地「としまえん」を訪れ、記念撮影する女性客ら=東京都練馬区で31日午前8時59分

 約40年前から繰り返し訪れたという埼玉県新座市の会社員、山下智幸さん(64)は孫、子との家族3世代7人で駆けつけた。お目当てのエルドラドを堪能し「最後まで楽しませてもらい、感謝しかありません」と話した。小学生時代、毎日のようにプールに泳ぎに来ていた練馬区内の女性会社員(40)は「閉園するんだったら、もっと来ていればよかった」と話した。

 連日午後8時から打ち上げられている花火もこの日で見納めに。来園者は色とりどりの大輪を見上げ、としまえんとの別れに思いをはせた。

 としまえんは26(大正15)年9月開園。ジェットコースターや大型プールが人気を博し、最盛期の92年度には年間の来園者数が390万人を超えた。2019年度は107万人だった。跡地には人気映画「ハリー・ポッター」のテーマパークが23年前半にオープンするほか、一部は防災機能を持つ都立練馬城址(じょうし)公園として整備される。【井川諒太郎】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 杉田水脈氏 性暴力被害者巡り「女性はいくらでもうそ」 問題発言繰り返す背景とは

  2. 「やる気ないなら担当変える」河野行革相、放送規制改革で文化庁に発破

  3. 西武、異例の8人リレーで最少失点 二回にリリーフの中塚「正直びっくり」

  4. 虫歯治療後に2歳死亡 福岡の小児歯科元院長を近く在宅起訴へ

  5. 医師と歯科医師24人を行政処分 厚労省発表

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです