メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「コロナ感染しても、自分を責めないで」 Bリーグが選手説明会

シーズン概要発表会見に出席した、開幕戦で対戦するA東京の田中大貴(左)と川崎の藤井祐真(右)。中央は開幕戦をPRする島田慎二チェアマン=東京都内で2020年7月13日午後1時、浅妻博之撮影

 バスケットボール男子のBリーグは31日、10月の開幕を前に選手を対象とした新型コロナウイルス感染対策の説明会をオンラインで実施した。3人の感染者が出たA東京は安藤誓哉主将がチームでの経験を振り返り、「感染対策を徹底しても誰でも感染してしまう状況にある。それだけ新型コロナウイルスは身近なものだと感じた」と語った。

 A東京は緊急事態宣言の解除後、消毒や練習以外でのマスク着用、私用での外出自粛、PCR検査など感染対策を徹底していた。しかし、8月13日に日本代表の主力である田中大貴ら3選手がPCR検査で陽性判定を受け、いずれも無症状で10日間の隔離生活を余儀なくされた。チームも2週間の自粛要請を受けた。

この記事は有料記事です。

残り233文字(全文535文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 中国産ウナギ1200匹を国産と偽り販売 容疑で元従業員ら書類送検 大阪府警

  2. コロナ感染半年後も98%が抗体保有 重症度高いほど防ぐ能力強く 横浜市大

  3. 季節外れ?のサクラ咲く 安倍前首相「桜を見る会前夜祭」会場ホテル付近で

  4. 大阪で新たに427人の感染確認 400人超えるのは4日ぶり 新型コロナ

  5. 香港の周庭氏に禁錮10月、初の実刑 黄氏は13月半 昨年警察包囲デモ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです