メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

被爆者の声、伝え続け500号 76年創刊、日本被団協機関紙

機関紙「被団協」を見ながらこれまでを振り返る吉田一人さん(左)と工藤雅子さん=東京都港区芝大門の日本被団協で2020年8月21日午後4時4分、椋田佳代撮影

 被爆者による唯一の全国組織「日本原水爆被害者団体協議会(日本被団協)」が毎月6日に発行している機関紙が、9月で創刊500号を迎える。国際的な反核運動の盛り上がりや、被爆者への補償を求める動きを背景に1976年に創刊。被爆者が高齢化し、都道府県規模では解散や活動休止を余儀なくされる団体も一部で出ている中、被爆者の声を伝え、互いをつなぐ役割を果たし続けている。

この記事は有料記事です。

残り936文字(全文1116文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 歌手の小金沢昇司容疑者を酒気帯び運転の疑いで逮捕 容疑認める 警視庁高井戸署

  2. #排除する政治~学術会議問題を考える 新しい形態の学問弾圧「菅首相は歴史に名前が刻まれる」 木本忠昭・日本科学史学会会長

  3. 日本新薬が勝ち越し アーチ2本、三菱重工広島に 都市対抗

  4. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

  5. 乱交パーティー数十回主催 福岡県警職員を懲戒免職、売春防止法違反で起訴

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです