メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

読書日記

著者のことば マルジナリアでつかまえて 山本貴光さん 余白に書き込む読書術

山本貴光さん

 ■マルジナリアでつかまえて 山本貴光(やまもと・たかみつ)さん 本の雑誌社・2200円

 マルジナリアとは、本の余白の書き込みのこと。哲学からプログラミングまで自在に論じる文筆家・ゲーム作家の著者は、「ペンを持たぬと本が読めぬ」重度のマルジナリアンである。古今東西、知の巨人たちの書き込みから、読書術を指南する「マルジナリアのすすめ」の書。

 夏目漱石を「マルジナリアの師」と仰ぐ。大学時代「漱石全集」に没頭し、本にやたらと書き込みをする漱石の癖を知った。「然(しか)リ然リ」「馬鹿(ばか)ヲ云(い)へ」「ソレダカラ?」。もはや余白の場外乱闘。ツッコミだけでなく、本の文章に触れ頭に浮かんだ考えも書き付ける。攻めの読書術を知る。

この記事は有料記事です。

残り615文字(全文928文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 全国で2529人感染確認 東京・愛知で最多 死者新たに31人、計2109人

  2. 転向の高橋「上出来」 充実の初ダンスでRD2位 フィギュアNHK杯

  3. 吉本新喜劇の元座長、船場太郎さん死去 81歳 大阪市議会議長も務め

  4. 桜を見る会前夜祭 2019年分も収支報告なし 安倍氏の政治団体

  5. 視聴室 まさかまさかの2020 大家族石田さんチ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです