メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 研究らしいことをわたしはずっと続けていますが、やり遂げた感じは、まだありません。ひたすら磨こうとしていますが、なかなか終わりません。いつも「まだまだこれから」と思っています。何かを成し遂げるには、人生は短すぎるかもしれない、と思ったりもします。

 研究の「究」は「きわめる」とも読みますが、音読みの「キュウ」という音は、どこか差し迫った感じがします。救急車という言葉のせいかもしれません。あるいは、わたしの偏見かもしれませんね。

 究めるというのは、良いこととされています。「道を究める」という表現は、学問でも職人の世界でも、武道でも、仏道でも、使われます。なぜそれが良いことなのか、わたしは究めたことがないので、よく分かりません。

この記事は有料記事です。

残り328文字(全文643文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 岩手「感染者ゼロ」の教訓(上)対策阻むプレッシャー 感染者に共感を

  2. ORICON NEWS つんく♂×ソニン、17年ぶり再タッグ 「カレーライスの女」続編

  3. ファクトチェック 菅首相発言「Go Toトラベルでの感染者7人」はミスリード

  4. ファクトチェック 愛知県知事リコール運動 「署名受任者の住所氏名が公報で公開される」はミスリード

  5. 山口組分裂5年 特定抗争指定の効果じわり 一部で脱退の動きも

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです