メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東京おでかけ日和

世田谷・烏山寺町 26の寺が軒連ね 喜多川歌麿らの墓も /東京

山門と長い塀が特徴的な烏山寺町の街並み=いずれも世田谷区で

 京王線千歳烏山駅(世田谷区)から北に10分余り歩いた住宅街に、烏山寺町と呼ばれる地域がある。1923年の関東大震災の後、浅草、築地などの都心部から寺が移転してきたのが始まりで、現在は26の寺が軒を連ねている。

 南北に真っすぐ延びる寺町通りの両脇には、長い塀が続く。緑豊かな生け垣やうっそうとした境内と相まって、寺町らしさを醸し出している。宗派はさまざまで、それぞれ門前の雰囲気が違って楽しい。

 著名人の墓がある寺も多い。浅草から移った専光寺には、江戸時代に活躍し、1806年に死去した浮世絵師喜多川歌麿が眠っている。永隆寺には落語家の三遊亭円生(五代目と六代目)、高源院には「ペエスケ」で知られる漫画家、園山俊二の墓がある。

この記事は有料記事です。

残り370文字(全文683文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅首相の資産6277万円 内閣平均1億651万円 閣僚ら資産公開

  2. 第70期王将戦リーグ特選譜 観戦棋士も「意味がわからない」細心の一手 藤井王位が佐藤天九段を破り、ようやく1勝

  3. 「嵐」「鬼滅」の年賀はがきに注文殺到 日本郵便の販売サイト、つながりにくく

  4. 大阪市4分割コスト試算「捏造」 市財政局 2日で一変、謝罪 市長面談後

  5. #排除する政治~学術会議問題を考える 「独立性が揺らぐ事態 任命拒否はありえない」 吉川弘之・元学術会議会長

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです