新型コロナ 県「非常事態」緩和検討 五つの基準、四つ下回る /岐阜

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 県は新型コロナウイルス感染症拡大を受けて県独自に出している「非常事態宣言」に伴う緊急対策の緩和の検討に入った。31日夜にも県庁で感染症の専門家を集めた会議を開いて感染状況の現状や見通しを確認し、9月1日の感染症対策本部員会議で古田肇知事が緊急対策の緩和を最終判断する。

 県は7月31日に感染拡大の「第2波」が…

この記事は有料記事です。

残り199文字(全文354文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集