メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

入院中の患者死亡、島根大の控訴棄却 広島高裁松江支部 /島根

 島根大病院(出雲市)に入院していた60代の県西部の女性が2010年1月に死亡したことを巡る訴訟の控訴審判決で、広島高裁松江支部(金子直史裁判長)は31日、女性が死亡したのは主治医が経鼻チューブを誤挿入したためとして遺族に2200万円を賠償するよう命じた1審判決を不服とした島根大側の請求を棄却した。

 遺族の60代女性は報道陣の取材に「病院…

この記事は有料記事です。

残り92文字(全文262文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「午後8時には閉めない」反旗を翻した外食チェーンの本気

  2. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

  3. 「首相にふさわしい人」河野氏トップ 菅首相は3位に転落 毎日新聞世論調査

  4. 1.17生まれの前頭・照強「この日に相撲を取ることが責任」阪神大震災26年

  5. コロナで変わる世界 偽情報の規制が情報統制に デジタル世界の専門家が警告する「不安の増幅」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです