「ダムの危険性検証を」 「川辺川」反対市民団体など 国、県の検証委に要望書 /熊本

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
県の担当者(左)に要望書を手渡す市民団体の代表
県の担当者(左)に要望書を手渡す市民団体の代表

 川辺川ダム建設に反対する熊本県の市民団体「子守唄(うた)の里・五木を育む清流川辺川を守る県民の会」(中島康代表)など3団体が31日、7月の豪雨で甚大な被害をもたらした球磨川の治水対策を考える国と県の検証委員会に対し、ダムの危険性を検証するよう求める要望書を提出した。

 8月25日にあった検証委の初会合で、国…

この記事は有料記事です。

残り186文字(全文340文字)

あわせて読みたい

ニュース特集