連載

戦後75年

毎日新聞デジタルの「戦後75年」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

連載一覧

戦後75年

墜落したB29搭乗員供養 目撃者証言集、2001年に発刊 旧百引村 /鹿児島

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
輝北歴史民俗資料館で展示されている墜落したB29の機銃=鹿児島県鹿屋市で、新開良一撮影
輝北歴史民俗資料館で展示されている墜落したB29の機銃=鹿児島県鹿屋市で、新開良一撮影

「死んだら敵も味方もない」 今、問い直す役割

 太平洋戦争末期の1945年4月、日本軍に撃墜された米軍爆撃機B29の搭乗員11人の遺体を埋葬し、十字架を立てて供養した村があった。鹿児島県の百引(もびき)村(現在の鹿屋市輝北町百引地区)。憎悪と恐怖の対象でしかなかった敵国の兵士を手厚く葬った。「平和を考える史実として語り継ごう」と目撃者の証言集が2001年に発刊された。戦後75年がたち戦争体験の風化が進む中、関係者は証言集の役割を問い直している。【新開良一】

 証言集によると、青空が広がった4月29日朝、宮崎県都城市方面を空爆して帰還中のB29編隊の1機が百引村上空で日本軍の戦闘機「雷電」の攻撃で墜落した。現場には大勢の住民が集まり、竹やりや日本刀を持つ人もいた。

この記事は有料記事です。

残り847文字(全文1180文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集