メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

焦点

自民総裁選 細田派と竹下派「団結」演出 独自擁立論、解消図る

 自民党総裁選で、菅義偉官房長官を支持する方向を固めた細田派と竹下派は、31日に総会を開いて派内の環境を整えた。両派には派内からの独自候補擁立を求める声があり、総会でも擁立論が噴出。菅氏支持を性急に打ち出せば派内のきしみや分裂を招きかねないため発言を容認してガス抜きをすることで独自擁立論の解消を図った。両派の総会は団結確認の拍手という「演出」で終わった。

 31日昼に党本部で開かれた細田派総会で細田博之会長は「さらに結束を強め、政策提言を行い、国家のために頑張ろう」と呼びかけた。

この記事は有料記事です。

残り1999文字(全文2240文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 岡村隆史さんが結婚 相手は一般の30代女性

  2. 鳥取県教委、部活遠征で教員83人処分 生徒をマイカーに 実態に合わずの声も

  3. ORICON NEWS 岡村隆史、10年来の友人と結婚 決め手は「ここ半年くらい本当に支えてもらった」

  4. #排除する政治~学術会議問題を考える あそこは左翼の巣窟だけど… 反学術会議派・小林節氏が首相を糾弾する理由

  5. 三浦半島や横浜で相次ぐ異臭騒ぎ、発生源は? 深まる謎

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです