メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

囲碁

第75期本因坊戦七番勝負 挑戦者・芝野虎丸名人-本因坊文裕 第5局の14

 4勝1敗で9連覇を決めた文裕は「自粛期間が、自分の体調を含めて、いい準備期間になった気がします。7冠時代との比較はよくある質問ですが、そこ(過去)が目標ではない。少しずつでも前に進めるようにと。現在はいい感じで対局に臨めています」と答えた。敗れた挑戦者は「シリーズ前半3局の内容がかなり悪かったので仕方ないところもあるかな。もう少しいい碁を打ちたかった」と振り返った。

 タイトル戦は翌日の「防衛の朝」インタビューが恒例。「昨晩は温泉に入ったり、師匠(石井邦生九段)からのメールに返信したりして、ゆっくり過ごしました。2日制の対局は心・技・体を整えて臨む最高の舞台。棋士としてありがたく思っています」と語った。

この記事は有料記事です。

残り275文字(全文580文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 俳優の伊藤健太郎容疑者逮捕 ひき逃げの疑い、女性重傷「離れたのは間違いない」

  2. 「エビ中」安本彩花さん、悪性リンパ腫治療で当面の間休養

  3. 伊藤健太郎容疑者、目撃者に説得され事故現場に戻る 所属事務所は「おわび」

  4. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

  5. 議場ではなく「劇場」にいるかと… 新人総理番が見た「代表質問」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです