超過死亡、最大6500人 1~5月、コロナ影響分析

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 今年1~5月の国内死者数は、統計学的な予測値を最大約6500人超過していた可能性があるとの分析結果を国立感染症研究所などの厚生労働省研究班がまとめた。超過死亡にはさまざまな原因での死者が含まれており、新型コロナウイルス感染症の影響で死亡した人がどれくらい含まれていたか引き続き分析する。

 厚労省の人口動態統計によれば1~5月の…

この記事は有料記事です。

残り212文字(全文376文字)

あわせて読みたい

注目の特集