メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月刊相撲

照ノ富士、復活V 5年ぶり撮影 優勝額をもう一度、励みに

復活優勝を果たし、優勝額のスタジオ撮影に臨む照ノ富士=東京都渋谷区のスタジオで8月12日、松田嘉徳撮影

 大関からけが、病気で一時は序二段まで落ち、約2年半ぶりの幕内復帰となった大相撲7月場所で優勝した前頭・照ノ富士(28)=モンゴル出身・伊勢ケ浜部屋。「自分の優勝額が(両国国技館の壁から)消える前にもう一度飾りたいと思っていた」と話すなど、大きな感慨に浸った「史上最大の復活劇」だった。8月には東京都内で約5年ぶりに優勝額作製のための写真撮影に臨み、秋場所(13日初日・東京・両国国技館)に向けて「できるだけ多く勝ちたい」と意気込む。【黒川優】

 撮影は8月の猛暑の中、都内のスタジオで行われた。「久しぶりなんで。かっこいい感じでお願いします」

この記事は有料記事です。

残り1959文字(全文2230文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 虫歯治療後に2歳死亡 福岡の小児歯科元院長を近く在宅起訴へ

  2. 「やる気ないなら担当変える」河野行革相、放送規制改革で文化庁に発破

  3. 医師と歯科医師24人を行政処分 厚労省発表

  4. 安倍政権が残したもの 私たちが大事「彼ら」は攻撃 オウム真理教報じた江川紹子さんが読む「カルト化社会」

  5. 「首相、今井、佐伯で決めていたやり方がらっと変わる」 キャリア官僚の本音 菅政権で沈む省庁

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです