連載

月刊相撲

大相撲の話題をたっぷりお届け。話題の力士のロングインタビューやおかみさんのリレーコラムも。

連載一覧

月刊相撲

照ノ富士、復活V 5年ぶり撮影 優勝額をもう一度、励みに

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
復活優勝を果たし、優勝額のスタジオ撮影に臨む照ノ富士=東京都渋谷区のスタジオで8月12日、松田嘉徳撮影
復活優勝を果たし、優勝額のスタジオ撮影に臨む照ノ富士=東京都渋谷区のスタジオで8月12日、松田嘉徳撮影

 大関からけが、病気で一時は序二段まで落ち、約2年半ぶりの幕内復帰となった大相撲7月場所で優勝した前頭・照ノ富士(28)=モンゴル出身・伊勢ケ浜部屋。「自分の優勝額が(両国国技館の壁から)消える前にもう一度飾りたいと思っていた」と話すなど、大きな感慨に浸った「史上最大の復活劇」だった。8月には東京都内で約5年ぶりに優勝額作製のための写真撮影に臨み、秋場所(13日初日・東京・両国国技館)に向けて「できるだけ多く勝ちたい」と意気込む。【黒川優】

 撮影は8月の猛暑の中、都内のスタジオで行われた。「久しぶりなんで。かっこいい感じでお願いします」

この記事は有料記事です。

残り1959文字(全文2230文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集