メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大相撲秋場所 番付発表 大栄翔「まずは勝ち越し」

 大相撲秋場所(9月13日初日、東京・両国国技館)の新番付が8月31日に発表された。新関脇の大栄翔はオンラインで記者会見し「まずは勝ち越しを目指す。そこから一つ一つ目標を上げていきたい」と意気込んだ。

 大栄翔は返り三役で迎えた7月場所で、11日目に全勝中の横綱・白鵬に土をつけるなど11勝を挙げ2度目の殊勲賞を受賞。「しっかり当たって、自分の動きができた。横綱に勝ったことが自信になり、そこから(終盤にかけて)相撲の流れも良くなった」と、持ち味の激しい立ち合いと突き押しに手応えを感じたという。

 30日には仲の良い大関・貴景勝が婚約を発表。事前に知らされていたという大栄翔は「おめでたい。いいことだと思います」と笑顔で祝福した。埼玉栄高の後輩でもある貴景勝には番付で先を行かれているが、三役で結果を残し続ければ大関への期待が高まる。「大関はさらに違う世界だと思うが、身近な存在が地位を守っているのは刺激になる。自分も上がりたい」と意欲を見せた。

この記事は有料記事です。

残り1840文字(全文2262文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「午後8時には閉めない」反旗を翻した外食チェーンの本気

  2. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  3. 菅内閣支持33%、不支持57% 緊急事態遅すぎる71% 毎日新聞世論調査

  4. コロナで「困っています」物乞いする35歳 うつむく困窮者に届かぬ支援

  5. ファクトチェック 「生活保護の最低額は月額29万円」は不正確 実態は世帯ごとに異なる支給額

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです